多くの企業ではシステムをネットワーク化し、さらにクラウドを利用するなどネットワーク環境の整備を必要としています。

そこで活躍するのがフリーで働くインフラエンジニアです。
企業内システムやユーザー向けサービスなど、安定して稼働する情報ネットワークの運用や、新規の基盤設計と構築を行っています。

フリーで活躍するインフラエンジニアに求められるスキルとして、まず分かりやすい設計書を作れる能力を持つことが挙げられます。
ネットワーク設計はメンテナンスのことを考えると、できる限りシンプルなものにすることが求められます。
あまりに複雑なものだと、トラブルが発生した時に早急に対応することができないからです。
そして負荷をかけてもダウンしないことと、逆に不必要なほどに余力を持つシステムにしないことです。
そのためには、ソフトウェアの知識を持つことも必要です。

ソフトウェアが動作しやすいプラットフォームを作るためにも、ある程度はプログラミングのスキルを持っていることが必要です。
さらにクラウド化が進むことによって、物理サーバーの他に仮想サーバーの知識も求められます。
そのためにはシェルプログラミングのスキルも必須となります。
クラウドを利用するならば、オープンソースのサーバー管理のためにC言語のプログラミングはできることが必要になります。

このように、クライアントが安心して任せられるインフラエンジニアには、システム開発も行えるようなソフトウェアに関する技能も必要と言えます。

Leave a reply

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

required